2014年04月16日

金融車こそ車両保険に加入していると安心できると思うんですけどね。

自動車の保険に2種類の保険があります。


「自賠責保険」と「任意保険」

「自賠責保険」というのは別名強制保険とも呼ばれています。


全ての自動車(車、バイク)と原動機付自転車を運転する場合は、絶対に加入しておかなければならない保険。


「自動車損害賠償保障法」という法律で決められています。

「任意保険」はというと、"任意"という名前のように、加入する・加入しないは各人それぞれが自由に決めれる保険の事です。


任意保険を大まかに分けると「賠償責任保険」、「傷害保険」、「車両保険」に分けられます。


「賠償責任保険」は相手の人や物に対する保険
「傷害保険」は、自分や同乗者に対する保険
「車両保険」は、自分自身の車に対する保険


任意保険なので、これらの保険を組み合わせて加入します。


また、補償の内容もいろいろありますので、それらも考慮したうえで保険に加入することになります。

ただ、金融車の場合は・・・自賠責保険はかけるのは当たり前なのですが、任意保険に関しては、加入できないこともあるので注意が必要です。

ただ、金融車として販売されている車って高級車が多いので万が一事故を起こした時に、車両保険に入っていると安心できるんですけどね。

ページの先頭へ戻る