2015年09月01日

いくら金融車でも抹消されてたらムリ?

激安でお気に入りの1台が手に入るといっても、それがもしも抹消車だったら、アナタならどうしますか?
抹消車というのは、登録が抹消されてしまった車のことですから、せっかく手に入れても乗ることができないのです。
要するに廃車として手続きされてしまっている抹消車ですが、その手続きには一時抹消と永久抹消とがあります。
一時抹消というのは海外出張や入院などの理由で車を使わなくなったときに行う手続き。
乗らなくなった車は処分するかこれをしておかないと、ずっと自動車税を支払い続けなければならないことになります。
永久抹消というのは解体抹消ともいい、解体して廃車にする手続きのことをいいます。


いずれにしても抹消車には登録の事実がないために車検を受けることができません。
いくら安い金融車が手に入ったとしても、抹消されていたらそれはNG。
乗ることのできない車なんて持っていても仕方ありませんよね。


こんな残念なことにならないためには、きちんと信頼できる販売店さんとお付き合いすることが大切。
扱っている車の登録状況や反則金の支払状況、納税状況などをきちんと調べてもらって、安心して乗ることができるようにしておきたいもの。
こうした点でしっかりと対応してくれる販売店さんから買うようにしましょう。

ページの先頭へ戻る