2014年08月28日

クアトロポルテの金融車に万歳!

 イタリアの伝統的スポーティカー・ブランド、マセラティ。

フィアットの傘下に入り、5代目クワトロポルテは、2004年5月に登場以来約9年間、マセラティのフラッグシップとしてもその名をはせていました。

2013年のベネツィア国際映画祭では、ジョージ・クルーニーやスカーレット・ヨハンソンを運んだショーファードリブンにも使われていましたね。

リアスタイルはフォーマル、けれど、フロントマスクは正にクーペ。スポーティーでありながらゴージャス感あふれるデザインにイチコロです。


 狙っていたのは、クアトロポルテの金融車。

もともとは1000万円を超えるカッコ良すぎる高級車なのですが、去年、新型が出たこともあり、申し訳なくなってしまうほどの激安価格でゲットしてしまいましたーっ!


 なぜ、あえて旧型なのか。新型はマセラティ社が新設計したエンジンが搭載されました。

それはそれで魅力なのでしょうけど、旧型に積まれているのは、提携相手であるフェラーリのF430に搭載されているV8を同車用に仕立て直したエンジン。

また組み合わされる2ペダルMTも、フェラーリの技術そのものです。

いわば、フラーリの血統もあわせもつ珠玉のラグジュアリーサルーン。

クアトロポルテの金融車に大満足です。

ページの先頭へ戻る