2014年08月30日

金融車に重要な3点とは

 金融車のメリットもデメリットも、「今スグに名義変更ができない」ことから発生します。

メリットは、なんといってもその驚くほどの低価格。

新車の半額以下、中古車の何割引き、百万単位の数字がまったく違ってきますから、金融車にのったら新車や中古車を購入するのがバカらしくなるという方が大勢いるのもうなづけます。

他にも、名義変更ができないからこそ、取得税などの税金もかからないし、登録費用などのわずらわしさもありません。


 では、名義変更できないことのデメリットは、万が一、自分こそが所有者だと名乗る人が他にでてきた場合、自分が金融車の所有者であることを車検証上で証明できないことでしょうか。


 では、名義変更できない間、どのように、その車が自分のものであることを証明するかというと、ここで、重要になってくるのが、金融車についてくる3点の書類です。

それは、金融車の前のユーザーの印鑑証明と譲渡証明書と委任状です。

金融車の場合は、元ユーザーがその車を売却する意思があったことをこの3点の書類によって証明する方法が取られています。


 もし、この3点を車に乗せたまま、盗難にあったら証明するものまで失ってしまいます。

原本は車内に置かずに大切に保管しておいてくださいね。

ページの先頭へ戻る