2014年08月01日

金融車で部品取りをする

日本車のいいところというのは、海外では何といっても壊れにくいところ。


海外では結構車が壊れやすいということではなくて、他の車が壊れやすいんだそうです。


日本車の場合には壊れにくい上に、変えの部品がおおいというのが良い点なんだそうですよ。


変えの部品はメーカーから取り寄せる場合もありますが、在庫が無いといわれる場合もあります。その場合、車を直すことが出来なくなってしまいます。


そのため、自動車の修理をしている人は、部品取りを行うのです。

一般的には、車は修理したら乗りたいものですが、乗らずに廃車にすることもあるでしょう。


乗らなくなった車は、ごみとして捨てられるのではなく、まずは壊れていない部分の部品を取ることが行われます。


利用しない車から使えそうな部品を修理のためにとることを部品取りといいます。

壊れやすい部品はまず部品取りをして在庫を持っておきたい部分です。


また、修理を注文されたときに、その車と同じ型の車を購入して部品取りすることもあります。

高い車では部品取りをしてはもったいないので出来るだけ安い車、たとえば金融車などで部品取りをすることがあるわけです。

修理をする方は、自分で部品を整形して作り出すことも。しかし、アンティークなものほど当時ママであることは価値を高めるポイントですから、部品取りはとても重要な作業なのですね。

ページの先頭へ戻る