2015年08月27日

金融車の税金にまつわる話アレコレ

税金ってほんとうに面倒なものですよね。でも国民である以上、何をするにもこの税金というものはついてまわります。消費税がアップしただけでも、毎月の収支にかなりの変化を感じるようになりましたから。

もちろん、車の購入時にも一般的には税金はかかります。しかし、金融車に限っては取得税がかからないのはなぜでしょう? それは、名義変更ができない車だからです。名義は元の車のオーナーで、名義変更ができない=でもそのまま乗ることが出来るので取得税を払う必要はありませんし、車庫証明などもいりません。かなりお手軽ですよね。

しかも、次の車検を通す時まで、自動車税を払わなくても問題はないでしょう。車検を通して継続して乗りたい場合は、その時にまとめて自動車税を支払えばOK。続けては乗らないのであれば、その金融車を購入した業者さんに買取をしてもらえばいいのです。

では、手にいれた金融車が気に入って、自動車税を支払いたい場合は? 自動車税の納付書は、元オーナーに送られていますが、取り寄せることも可能です。名義人でなくても第三者納付ができますから安心してください。毎年5月ごろ、ナンバープレートの地域を管轄している県税事務所に連絡をして依頼すれば、納付書を郵送してくれますよ。

ページの先頭へ戻る