2015年09月03日

ランクル・・・。
もちろん、ランクルとはトヨタが誇る最上級モデルのSUV車、
ランドクルーザーの略です。
ランクルの中にもグレードがあり、
その価格はグレードによりますが、
一番グレードの低いものでも500万円近い金額で、
販売されています。

一時はあまりの人気に、
ランクルを狙う窃盗団が続出するほどでした。

SUV車を利用する人の多くは、
車でアクティブに行動したい人でしょう。
それを考えると、
ランクルは若い世代が、
ほしい車であると言えるかもしれません。

若い世代にとって車の購入金額が500万円と言うのは、
正直決して余裕で購入できるものではありません。
その上、諸費用が別途掛かるとなると、
現実的に厳しいと言わざるを得ない状況です。

そこで利用したいのが金融車です。
人気の車種だからこそ、
金融車にもランクルの品揃えが豊富にあるのです。
中古車よりもはるかに状態の良い車であることはもちろん、
価格帯も中古車より手が出しやすい値付けになっている、
お得な価格で購入することが期待できます。
書類上の手続きはもちろんのこと、
諸費用も新車や中古車よりも、
負担が少ないことが金融車のメリット。
手が出ない・・・とあきらめる前に、
一度金融車でランクルのチェックをしてみたらいかがでしょう?

2015年09月02日

最近よく耳にする、カーリース。
このカーリースは一体どんなシステムなのでしょうか?

レンタカーは不特定多数のお客さんに対して、
貸し出す車のことをレンタカーと言います。
一方でカーリースの場合は、
不特定多数の人に貸し出すことはありません。
特定の人物に対して、長期間貸し出す車のことを
カーリースと呼んでいます。
車検証上の所有者、所有権はリース会社となり、
使用者が貸し出されたお客さんということになります。

車の購入とこのリースを比べた場合、
手数料が発生する分、リースの方が高くなると言われていますが、
会計上においてメリットもあると言われており、
主に法人で利用されていることが多いようです。

では金融車とリースではどちらがお得に、
車に乗ることができるのでしょうか?

まずは車種の多さ。
高級車や外車など、その車を所有することで、
ステータスを感じられるような車の種類が多いのは、
金融車と言えるかもしれません。
またリースの場合は、
契約期間を満了しないまま、途中で解約するとなると、
違約金を支払うケースもあります。

自分がどんな車の乗り方をしたいのか・・・。
それによって金融車かカーリースかのどちらかを
賢く選択したほうが良さそうです。

ページの先頭へ戻る