2014年04月24日

金融車のリスクは前もって予防!

新車、中古車は知っていても、金融車っていう言葉は知らない方もまだまだ多いですね。

ローン支払い中の車を、その持ち主である方がさまざまな事情からお金が必要になって、売却したものを金融車といいます。


金融車には激安価格で購入できるなどメリットもいっぱいありますが、実は気を付けなければならない、金融車を購入するうえでのリスクもあります。


車の本の持ち主が、ローンを滞納してしまったりしたときや、ローン会社に売買が知られたときに、車両登録の強制抹消をかけられる事があります。

また、自動車の保険ですが、保険会社によっては、任意保険や車両保険に金融車は加入させてくれないあところがあります(逆に言えば、加入できる保険会社もあります)。

納税義務者(車検証上の使用者)によって、自動車税課税を差し止められた場合、納税証明書が発行されず継続検査(車検)が受けられない場合があります。

名義が違うので、車を廃車や解体処分をしようとしても、抹消手続きがとれないためできません。


けっこう、リスクを書きました。

しかし、これらのことに対しての予防や対処をきちんとすれば心配はないでしょう。

信頼できる金融車の専門店であれば、トラブルのおこらない金融車をあっせんしてくれますよ。

ページの先頭へ戻る